ダイエット

○○ダイエットが今年の主流?毎年違ったダイエットが流行る理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

朝バナナダイエットや炭水化物ダイエット、1日1食ダイエットなど毎年毎年ここぞとばかりに
新手法のダイエットが出てきますよね。

それぞれのダイエットがテレビなどのメディアを通して私たちに届けられて
それをもとにダイエットを決意される方も多いのでは?

でも、実際にそのダイエットをやってみてもなんだか全然効果がない。と挫折してしまう。
ダイエットがリバウンド効果をもたらすなんて誰しもが予想していなかったことですものね。
そこで今回は、毎年異なるダイエットが流行する理由について。

ダイエット効果は一概にまとめられない?

ダイエットを行っている人が一番迷うのが、
自分にはどのダイエットが合っていてどうやって痩せるのが一番いいのかがわからない。

「芸能人の○○さんが行っていたダイエット法だから私にも効果があるかも」なんて夢見て初めて3日持たずに挫折なんて経験山ほどしていませんか?
ダイエット法にも効果にも個人差があることをまずは受け入れることが必要です。

走る

毎年毎年、新しいダイエット法の情報発信が絶えないのは、
万人向けのダイエット法が存在していないことを露呈しています。

実際にフィットネスクラブに通っている人の多くは、通うことでやせるのではないか。
新しいダイエット法が教えてもらえるのではないかと期待して入って入会してみたものの。
そんな都合のいいものはなく、そのギャップに耐え切れず退会なんてことも…

実際に私のクライアントさまの中にもそのような気持ちでフィットネスクラブに入会したにもかかわらず、
効果が出なくて挫折した経験を話していた方も大半を締めていました。

変えられるのは自分と未来だけ

昔はバリバリ運動をしていた人でさえ太ってしまうなんてことはよくある話です。
太り始めたかな。なんて言う自覚が出てきたときに、
「昔だってちょっと運動したらすぐに体重戻ったし、何とかなるだろう」という考えから早期対応を怠った結果。
減量できずに太ってしまったなんておおくあります。

ダイエットを失敗する方の多くは、ダイエットに対する気持ち面での過信や間違った考えを持っている方が多いです。

“ダイエットをやるのは自分であってダイエット法や運動が悪いのではない。”
ダイエットがうまくいかないことの原因として、運動やダイエット法が悪いという方がいます。
確かに、体質上相性が悪くてなかなか効果が出なかったり、運動が継続的にできる強度ではないということはありますが、そもそも効果を実感している方もいるのでそのダイエット方法に良いも悪いもないのです。

ダイエットが良くないと思う前にそのダイエット方法や運動習慣は自分のライフスタイルにあっているか。
しっかりと継続してみた結果なのかという検証が行えているかがとても大切です。
過去と他人は変えられません。
変えることができるのは自分と未来だけです。

自分のライフスタイルに合い、継続的に行えるダイエット方法を導入しましょう
ダイエットは継続的に行うものです。

2週間で3キロ痩せたいと思ったとしてもそれは一時的なカラダであり、
継続的に行っていかなければすぐに戻ってしまいます。
ダイエットの生活をスケジュールに落とし込み、いつまでに何キロ痩せるためには何か月前から行うのが良いのかしっかりと計画と立てましょう。

Writing

トレーニング計画について知りたい方はぜひトレーナーに一度ご相談することをお勧めします。
相談したいと思ったときに相談することはモチベーション維持するためにとても大切な機会です。
ぜひ一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

—————————

ご相談やお問い合わせは随時承っております。
お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

CAPTCHA