ダイエット

自転車ダイエットで立ちこぎがくびれポイント│流行りの自転車エクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

自転車でくびれダイエット!?
健康にもダイエットにも嬉しいことが意外と多い自転車を有効活用するために楽しく自転車をのりましょう。
自転車競技元10代チャンピオンからみた自転車でダイエット。大泉学園くびれダイエット。

自転車ダイエットが注目される理由

通勤や通学、買い物などで自転車を活用される方も多いかと思います。
暑い時期は風が気持ちよくて自転車に薄着で乗るのが涼しいし、
寒い冬は少し早く漕ぐことでカラダが暖まったりととても便利ですよね。

自転車

実は最近この自転車がダイエット効果があるということで、おおきく注目されています。
もちろん使い方次第ではくびれにも効果的ですよ!
「えー?ほんとに?そんなこと言ったら私毎日自転車乗ってるけど?」
なんて思われる方も多いのでは?
少し自転車ダイエットについてみていきましょう。

この自転車ダイエットが注目される理由として、
・周りの風景を楽しみながらそこまできつく感じないためどこまでも行ける
・比較的始めやすいダイエットである。
・筋肉痛になりにくいから毎日継続してできる。
・カラーや形状など自分好みに自転車を選ぶ楽しさがある。などがあります。

自転車1

景色が一緒で続かなかったランニングマシンやリカンベントバイクをやめてこの自転車ダイエットを始める方も増えているとか。

なぜやせるの?自転車がダイエット効果を高める理由

気持ち的に楽に。さらに楽しく誰かと一緒にできることが自転車でのダイエットの魅力だと思います。でも楽しく漕いでいるだけでなぜやせるのかと疑問に思った方も多いのではないでしょうか?

自転車は漕ぎ方次第で低強度にも高強度にもなる立派な運動です。低強度の漕ぎ方なら長時間漕ぐことで徐々に心拍数も上がり、有酸素運動の効果を発揮するようになります。また逆に、スピードを求めて早く漕ごうとするとそれだけ強度が高くなり、無酸素運動の効果も期待することができます。

以上の作用により、カラダはエネルギーを消費して痩せやすいカラダへと変化していくので、長時間乗ることでダイエット効果が見込めるのです。実際に筆者のクライアント様で自転車に魅了され週末自転車で様々なところへ行くのが生きがいになった方は2ヶ月で10キロ体重が落ちました。これはダイエットの効果があることを後押しする結果と言えるでしょう。

自転車ダイエットの注意点

しかし、この自転車ダイエット痩せたい。美しくなりたい、かっこよくなりたいと思っている人の期待を裏切るケガのリスクもあります。

・自転車のサドルの高さ
・ハンドルの高さ
・カラダに合わないまま長距離漕ぎ続ける
・マナーを守っていないがために転倒
などで怪我をしてしまったり、せっかくくびれをつくりたい。ダイエットしたいと自転車にのっているのに膝や腰が痛くなったりではもったいないですよね。

自転車2

自転車ダイエットの効果を上げるくびれポイント

ダイエット効果を上げるためのポイントとして、どこかに力を入れて力んでしまうのではなく、リラックスして漕いでいくことが必要です。そこでリラックスして股関節を動かすことを意識していきましょう。

効果的な自転車ダイエットを行っていく上で股関節の役割はとても大切です。股関節が正しく動くことは自転車ダイエットにおいて膝や腰への負担を少なくすることができます。これを改善していくことでより自転車ダイエットを長く効果的に続けることが出来るのでぜひお試しください。

イメージとしては、ペダルは踏むのではなく回すイメージで肩甲骨を内側に寄せるようにしてハンドルを少し引いてあげれば股関節をリラックスさせた状態でカラダ全体を活用して自転車を走らせることができます。
さらに立ちこぎをすることでくびれに重要な腹斜筋を使うことができるので、くびれボディが欲しいかたにもかなり効果的です!

また、代謝を高める効果を出していくためにも漕いで行くために定期的な水分補給が必要です。
自転車を漕いでいる時は、定期的に水分補給をすることが良いです。
バイクエクササイズで自転車ダイエットを効果的に行っていきましょう。

大泉学園でくびれダイエットを。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

CAPTCHA