ダイエット

くびれダイエットの天敵不眠症│寝る前のあることが不眠症改善へ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

一日の終わり。今日も一日頑張ってきたカラダをいたわりゆっくりと時間を過ごす。

翌朝スッキリした自分に会うために、ゆっくり熟睡し充実した睡眠を得たいものですよね。

しかし、いざベッドに入って眠ろうとしたときに「明日の天気はどうかな…」何気なく携帯電話で確認。

それが原因なのか、目が冴えてしまってうまく寝付けない…

翌朝起きてしっかり寝たはずなのに「身体がダルい」なんてことありませんか?




今、日本の5人に1人が不眠症に悩んでいるというデータがあるくらい、多くの方が睡眠障害からくる不眠に悩んでいます。あなたはどうですか?

不眠症の主な原因として

睡眠前の携帯やPCによる目の酷使

環境の変化(枕が違う、寒暖など)

筋肉の緊張などによりカラダの緊張が取れず疲れが溜まってしまう。

睡眠に対するこだわりなど心理的要因

などがあげられます。

 

その中で睡眠前の携帯やPCによる目の酷使は直接的な不眠症の原因と間接的な不眠症の原因をもたらします。

直接的な不眠症の原因としてはブルーライトの眩しさによって睡眠を誘うメラトニンの発生を抑制してしまい眠くなくなるというものです。これが原因で体内時計が狂い睡眠障害の疾患につながるということです。これを放置していくと眠れないということだけでなく、代謝機能の低下により、ダイエット効果が低下しやすいつまりダイエットに不向きなカラダになってしまうのです。

夜PC

もう一つの間接的な不眠症の原因は、携帯やPCの見る姿勢にあります。

就寝前の携帯やPCのチェックは横になりながら、肘をたてたうつぶせの状態など身体に負担をかけた状態で行うことが多く、それにより筋肉が緊張してこわばってしまい、不眠症の誘発を促進してしまいます。さらに、この不良姿勢がカラダの歪みを誘発してしまい、ダイエットをしている人にとっての大敵くびれの左右差やダイエットしにくいカラダになっていきます。

ソファ うつ伏せ

良質な睡眠を確保するために就寝前は極力脱力して、筋肉の緊張を取ってあげることが大事です。

不眠症の原因のひとつに筋肉のこわばりがあるということですね。

これは日常生活や横になりながら何かをする。もしくは運動しない生活が続き使わなくなった筋肉が委縮したりと原因は様々です。

筋肉の緊張・こわばりを緩和することでリラックスでき、熟睡時身体の疲労回復につながります。

回復しやすいカラダになることで代謝機能が上がるので、くびれづくりをどうしても行いたい方やダイエットを成功させたいあなたにとって寝る前の少しの時間で行うエクササイズはくびれダイエット効果を上げてきます。不眠症改善も含めて寝る前に行う少しの習慣がとても大事になってくるのです。

 

寝る前に有効な不眠症改善くびれダイエットエクササイズは

1、仰向けで横になります。

2、両手両足を持ちあげて全身の力を抜きます。

3、全身の力を抜いた状態で両手足を軽くシェイク。

ぶらぶら

カラダの張りが抜けていくイメージで脱力していくのがポイントです。

不眠症改善でダイエットを邪魔しないカラダづくりを。

ぜひカラダをスッキリさせてから就寝してみてはいかがでしょうか。




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

CAPTCHA