ダイエット

くびれダイエットで気になるお腹をくびれさせる1日5分の簡単エクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

くびれボディを目指している多くのダイエットをしている人が1番何としてもどうにかしたい部分。
それがお腹です。あんなに毎日くびれボディを夢見てお腹周りのエクササイズをしているのに一向にくびれる兆しを見せないお腹。

あんたやる気あるの?と自らのお腹に問いかけてみるもまったく返事なし。
自分がダイエットを行っているとどうしても見たくなるのが、このお腹の部分の変化。
そこで今回は、くびれダイエットを目指しているあなたにとっておきの方法をシェアします。

くびれがほしいダイエットをしている人が1番何とかしたい部位。

私が気になるところで調査した結果では、gooランキングのダイエットカテゴリーに1番何とかしたい部位というカテゴリーあります。
もちろんあなたが察する通り1位はお腹です。ダイエットを始めるきっかけになった経験でも

・くびれはおろか好きなパンツすらはけなくなってしまった。
・ダイエットを頑張っていたはずなのにベルトの穴が以前の場所にはいらなくなってしまった。
・くびれになりたいという気持ちとは裏腹になんだかお腹がたるんできた気がする。
などくびれていたとまではいきませんが、正常だったお腹が膨らんできたことをきっかけにダイエットを決意する方がとても多い傾向にありました。

onakapokkori
「お腹を締めたい。でも何をしたら効果がでるのかわからない」とお困りのあなたにくびれを作るために1日5分で出来る簡単なお腹を引き締める方法をお伝えします。
簡単なエクササイズなので継続的に行うにはもってこいです。

 

正しい呼吸をすることでくびれになれる?

ある専門家は、1番健康的なダイエット方法のひとつに呼吸が大きくかかわっているという。
これは骨盤の位置を正しく本来あるべき位置へ戻し横隔膜の働きを浴していくという効果が期待できます。
正しい呼吸を繰り返すことで姿勢が良くなり、内臓の位置が元の位置へと戻り、ポッコリしていた下腹を改善してくびれを作り出してくれるのです。

また、姿勢が良くなることで血行が良くなり、基礎代謝が上がります。この基礎代謝が上がることで脂肪燃焼効果が上がり、ダイエットを実践しやすいカラダへと変化していきます。
そして、呼吸のトレーニングをすることで大きくくびれボディに近づく要因は、お腹にあるコルセットのようなインナーユニットの腹横筋を収縮させ、ウエスト周りの筋肉を引き締めることにあります。

ここを引き締めることでお腹の余分な脂肪を引き締め、脂肪を燃焼させるのでくびれボディが出来上がり、ダイエットを成功に導くのです。
つまり、正しい呼吸をトレーニングすることで、骨盤が整い、姿勢が整い、さらに気になるお腹の改善にもつながるのです。

カラダを本来あるべき姿へ導く呼吸トレーニング。トレーニングと聞くとかなりきついイメージがありますが、呼吸トレーニングは複雑で厳しいエクササイズはありません。
呼吸を整えながらお腹周りを意識することが効果を上げることができるのです。

ダウンロード (1)

くびれ作りに効果的な正しい呼吸トレーニングとは

ここまででくびれダイエットに重要な呼吸について理解が深まったと思います。
では、実際にどのようにして呼吸のトレーニングをしていけばよいのか。
その方法についてです。

まずはじめに仰向けに横になり、普通の呼吸をしてみてください。
息を吸っているときお腹はどのように動いているのか意識してみてください。
大半の方は息を吸ったときにお腹が膨らみ、息を吐いているときにお腹がへこんでいきます。

この呼吸をまずはゆっくり5回行いましょう。

次に今度は息を吸ったときにお腹を意識的にへこませていきます。
息を吐くときに意識的にお腹を膨らませていきましょう。
このトレーニングは正しい呼吸をしていくうえで必要なお腹の動きをだす運動です。

はじめはうまくいかないかもしれませんが意識をしてお腹を動かしていくだけでお腹は少しずつ動くようになってきます。
自由自在にお腹を動かせるように呼吸をしてくびれボディを目指していきましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

CAPTCHA