筋トレ

筋トレとささみで手に入れるカラダ!筋肉増量・脂肪減少!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近流行りのささみ。

ささみを食べると筋肉がつく、やせると聞いたことがあるのでは?

この情報は正しいです!

でもなぜそうなるかわからない人は多いのではないでしょうか?

ここではなぜ筋肉がつき、やせるのか。

さらに、ささみを美味しく食べられるレシピや摂るべきタイミング、必要なトレーニング方法についてお伝えしていきます!

1.ささみでえられる効果は2つ

two

ささみを食べることで得られる効果は主に、筋肉がつくこととやせることの2つです。

なぜ筋肉がつくのか?

なぜやせるのか?

これらについてお伝えしていきます。

1-1.ささみのたんぱく質で筋肉増量

ささみを食べることで筋肉がつく理由、それは、タンパク質がかなり多く含まれているからです。

カロリー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g)
ささみ 105 23 0.8
むね肉 191 19.5 11.6
牛肉 371 14.4 32.9
豚肉 386 14.2 34.6

そもそも筋肉がつくのは、筋肉がトレーニングなっどによって傷つきそれが修復され、これが繰り返されるからです。この修復の際に必要なのが「たんぱく質」なのです!

ささみは、傷ついた筋肉を修復する際に必要なたんぱく質を多く摂れるため、効果が絶大です!

1-2.ささみ+筋トレ=ヤセル

ささみを食べることでやせる理由、それは、ささみの脂質の量です。

1-1の表を見てわかるようにささみは、他の肉に比べるとかなり脂質が少ないんです。

脂質の摂取は脂肪がつく原因となります。

その脂質が少ないささみを食べることによって、脂質の摂取を抑えられるため、太りにくいというわけです。。

その食事方法+筋トレで、脂質の摂取が少なく、脂肪燃焼効果でやせるというわけです。

yaseru

2.ささみのオススメレシピ一覧

ささみを食べようとしても、レシピのレパートリーが少なく、いつも同じ食べ方で飽きてしまったことはありませんか?

ここでは、ささみの美味しいレシピをお伝えしていきます。
多くのレパートリーを知り、美味しくささみを食べていきましょう!

・爆旨おつまみ!クリチとささみのキムチ和え

 

kimutiae

(C)クックパッド

材料 (2人分)
キムチ お好みで
ささみ 80g
クリームチーズ 45g
ごま油 小さじ1/2
韓国のり お好みで
レシピはこちら↓
http://cookpad.com/recipe/3968429

・焼くだけ簡単★ササミの竜田焼き

 

 sasamitatuta

(C)クックパッド

材料 (1~2人分)
ササミ 2本
片栗粉 適量
塩 少々
コショウ 少々
バセリ(あれば) 少々
オリーブオイル または サラダ油 大さじ1

レシピはこちら↓
http://cookpad.com/recipe/3951191

 

・スイカ&鶏ササミの塩サラダ

 

 suica

(C)クックパッド

 

材料 (作りやすい分量)
鶏ささみ肉 2本
ささみの下味の塩 適量
片栗粉 適量
スイカ 200g位

レシピはこちら↓
http://cookpad.com/recipe/3959460

 

・ジューシーささみの塩昆布梅和え

 

 ume

(C)クックパッド

 

材料 (2〜3人分)
ささみ 3本
えのき 1/2袋
梅(甘くない物) 2粒〜
塩昆布 ひとつまみ〜
みょうが 2個
大葉 5枚
ごま油 少し
白ごま お好みで

レシピはこちら↓
http://cookpad.com/recipe/3971002

 

・簡単!中華風?ささみとナスの冷製パスタ

 

 sasaminasu

(C)クックパッド

 

材料 (一人分)
パスタ 100g
☆ナスビ 小さめ1本
☆ささみ 1枚
☆白ごま 適量
キューピーの中華ドレッシング 適量
浅葱 適量

レシピはこちら↓
http://cookpad.com/recipe/3964907

3.ささみのベストタイミング

ささみを食べるといいことはわかったけど、いつ食べればいいの?

と疑問をもつ方がいるのではないでしょうか。

結論から言うと、特にこのタイミングというものはありません。

普段の食事で脂質が多いものを減らしささみを取り入れる。

それが大事です。

しかし、強いて言うなら、筋肉をつけたい人は筋トレ前に食べましょう。

なぜなら、ささみはホエイプロテインと比べて吸収が遅いからです。

※ホエイプロテイン:プロテインの種類で、吸収がとても速く筋トレ後に良いとされている。

taiming

筋トレ後30分以内にタンパク質を摂ると、筋肉がつきやすいゴールデンタイムと言われています。

しかし、このタイミングでささみを摂っても、無意味ではありませんが効果は低くなってしまいがちに。

筋トレ前に摂ることをオススメします!

4.ささみの効果を最大限にするトレーニング集

ささみを食べることも大事ですが、そもそも筋トレをすることが重要です!

ここでは最低限おさえておきたいささみの効果を最大限にする筋トレをお伝えしていきます。

4-1.筋肉をつけたいならこれ

・スクワット

ももやお尻のトレーニングです。引き締まった下半身をつくるのに重要です。

squat1

squat2

・プッシュアップ

胸と、二の腕のトレーニングです。厚い胸板やバストアップ、二の腕のたるみの改善に効果的です。

push-up
pushup2

4-2.やせたいならこれ

・ウォーキング

・ジョギング

どちらの運動も。有酸素運動と言われる運動です。有酸素運動をすることで、脂肪からエネルギーを生産するため、脂肪燃焼が期待できると言われています。

また、有酸素運動は20分程の時間がかかると言われているので、20分以上の運動をしましょう!

でも20分いっぺんにやるのはきつい。

そんな方は、2回などに分けても効果はあると言われているので、分けながらも行いましょう!

5.まとめ

ここまで、ささみの美味しく食べられるレシピや摂るべきタイミング、必要なトレーニング方法についてお伝えしてきました。

なぜささみがいいのかが、わかったのではないでしょうか?

ぜひこの知識を生かして、これからカラダを変えていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

CAPTCHA